看護部

先輩メッセージ

大久保病院で働く先輩から、みなさんへのメッセージです。
様々な経歴を持ったスタッフが働いています。

新人看護師 S・Tさん(看護師1年目)

看護師の仕事を通して人として成長していきたいと思っています

もともとは介護の仕事をしていましたが、身近で働く看護師に憧れがあり、自分もより深い知識を得て、患者様のためにできることを増やしたいと思っていました。働きながら勉強できる准看護学校の制度を知り、上司の勧めで、関連施設である大久保病院への転職を決めました。

無事に学校に合格し、就職後に、大久保病院が水戸医師会看護専門学院の准看護学科へ、たくさんの卒業生を出している歴史が長い病院だと言うことを知りました。同じ道を歩んだ先輩方が多いのは、とても頼りになります。職場は忙しい中でもみんな声を掛けあいながら仕事をしていて、とても良い雰囲気だと思っています。

現場は日々同じことの繰り返しではないので、臨機応変に動かなければならないのがとても大変です。でも、患者様が元気になって退院されたり、看護師としてまだ1年目の自分に「ありがとう」の言葉を頂けることが、とても嬉しいです。

まだ人間として未熟なので、看護師の仕事を通して人として成長していきたいと思っています。いつか、後輩に頼られる存在になるのが今の目標です。

ママさんナース Y・Sさん(入職1年目)

大久保病院でなら、子育てをしながら仕事との両立が続けられると思っています

大久保病院のホームページを見て、短時間正職員制度で時短勤務が可能なことを知り、時短なら家庭や子育てと仕事の両立ができるのではと考えて入職を希望しました。

以前はフルタイムの仕事でしたが、家庭との両立が難しく退職しました。でも、看護職を続けたかったです。

この病院では家庭のことをすごく考えてくれます。
次月の休み希望は、子供の行事等で多く休みが欲しい月があっても、相談してシフトを調整してもらえたり、子供の急な発熱等でも早退したり休みを取りやすいです。

短時間正職員制度だと、休日が多かったり、1日の勤務時間を短くできるので家族との時間も取れます。

家庭との両立が難しくて一度退職していますが、大久保病院でなら、子育てをしながら仕事との両立が続けられると思っています。

子供が成長したら、いずれは正職員になるのが目標です。

認定看護師 H・Oさん(入職15年目 / 摂食嚥下認定看護師2年目)

認定看護師として看護外来を設立するのが夢です

介護士の仕事をしていましたが、患者様に自分で処置やケアをしたいと思い、看護学校に入学し、奨学金制度が充実している大久保病院に転職しました。

看護師として仕事をする中で、エキスパートナースを目指したいという想いが高まり、大久保病院のスキルアップ奨学金制度を利用して認定看護師の資格を無事取得できました。当院は、キャリアアップしたい看護師へのバックアップ体制はどこよりも充実していると思います。

職場の雰囲気はアットホーム。新人看護師や、ベテランの助手、同年代の師長や子育て中のナースなど、色んな職種・役割・勤務形態の職員がいますが、それぞれプロ意識を持って、チームで患者様・ご家族様を“看る”ことができていると感じます。

介護士から看護師の資格を取り、認定看護師になりましたが、良かったことは自分の視野が広くなり知識が深くなったことです。ただし、命を預かる責任をとても重く感じています。

今はまだ準備段階ですが、将来は、認定看護師として看護外来を設立するのが夢です。

ベテランナース T・Aさん(入職23年目)

常に笑顔を忘れず、初心を忘れず、仲間と頑張りたいと思います

長女の幼稚園の時に親しくなったママ友からの紹介で、大久保病院に就職しました。事前に院内の見学等はしませんでしたが、Ns増井(前看護部長)に面接していただき、とても魅力的に感じたことを覚えています。

当院では、病棟や透析室、現在の外来と、様々な場所で勤務させていただきました。また、ISO9001を取得しており、患者様・ご家族の方・職員の満足向上のための取り組みとして設置している安全や教育などの委員会活動も経験させていただいています。

それぞれの役割の中で、全部門の職員の方と関わる機会がありますが、その度にたくさんの素敵な出会いがありました。

病院全体のチームワークが良く、部門や病棟を超えて連携しているので、日常的に助け合う風土があります。また個人によって、得意分野、教育課程、知識が違うため、お互いに尊敬していることが素晴らしいと思います。

看護の仕事は知識や技術の進歩に合わせて学習することが必要なため、とても大変です。でもやはり、自分の名前を患者様に覚えて頂き、「またAさんに会えて嬉しいよ」と言っていただけることが一番のやりがいです。今の目標は、23年間で私が覚えてきた大久保病院の“こだわり”を、次の世代に伝えていくこと。

大久保病院は職員を守ってくれる素敵な病院です。これからの新しい出会いを楽しみにしています。

ベテランナース J・Uさん(入職15年目)

常に笑顔を忘れず、初心を忘れず、仲間と頑張りたいと思います

大久保病院の入職前は、クリニックで仕事をしていました。大きな病院で、もっと看護の勉強がしたいと思ったのと、患者様との関わりを持ちたいと思い、ナースセンターから紹介を受けて就職しました。

外来に所属していますが、疾患が多種多様で日によって担当する診療科が異なるので、覚えることが多くて初めはとても大変でした。外来の職員はもちろん、大久保病院の職員はみんな話しやすく、人の話をきちんと聞いてくれる人が多いと思います。だから、ずっと働けているのでしょうね。

外来に通院していた患者様が、入院し、全力を尽くしても退院できないこともあります。急患で来院し、入院した患者様が、退院後初外来でお会いすることもあります。

「お蔭様で元気になったよ」「あの時はありがとう」と声をかけてくださいますが、それが私の元気の源です。

看護の仕事は楽しいことばかりではありませんが、とてもやりがいを感じられる仕事だと思っています。

仕事は一人ではなくチームで行います。常に笑顔を忘れず、初心を忘れず、仲間と頑張りたいと思います。

管理職ナース M・Mさん(入職20年目)

患者様が「昨日より今日」元気になることが毎日のやりがいに繋がっています

高校の時に准看護学校に進学することを決めていて、大久保病院の求人票を見て、先生からも勧められたので就職しました。就職前に病院の見学に来ましたが、緊張していたので何も覚えてません(笑)

職場の雰囲気は良いと思います。働きやすいと言ってくれる職員が多いですし、男性職員の数も多い。

職員全員で協力して業務をする、チームワークを大切にしている職場です。自分は看護師なので看護部の所属ですが、部門ごとの壁がないので、診療支援部とか透析室とか、他部門ともコミュニケーションが取りやすいと思います。この病院に就職して、本当にたくさんの良き先輩や同僚に出会うことができているので良かったなと思います。

求人票を見て応募したのは偶然ですが、“縁”だったのでしょうね。

師長として、日々学び成長していくのは大変ですが、患者様が「昨日より今日」元気になることが毎日のやりがいに繋がっています。

自分の目標は職員から信頼される師長になること。これからも日々学んでいきたいです。

介護福祉士 R・Nさん(入職13年目)

必ず達成感を感じることができる仕事です

小学校・中学校・高校とボランティアで福祉施設に行くことが多かったので、自然と介護福祉士の仕事に興味を持ち、将来の仕事にしたいと考えていました。高校の先生からの勧めで、病院見学会を実施していた大久保病院に見学をしたのですが、女性担当者の方の笑顔がとても印象的でした。

初めは看護助手として就職し、経験を積んでから介護福祉士の資格取得に挑戦して合格しました。 現在は医療型療養病棟で、介護福祉士として勤務しています。

職場には、看護師・准看護師・介護福祉士・看護助手・准看学生と、多様な職種の職員が勤務していますが、“チームとして共に働いている”と常に感じることができます。看護職・介護職それぞれに役割があり、リハビリ室の職員と合同で実施するカンファレンス等では、患者様に一番長く、一番身近でケアを提供している職員としての観察点や意見を求められることも多々あります。

この仕事をしてきて良かったと思えることは、自分が実施したケアで、患者様に良い変化が見られた時です。介護の仕事は楽しいことばかりではありませんが、辛いことがあっても、最後には必ず達成感を感じることができる仕事です。チャレンジすることが大事なことだと思います。

看護助手 A・Eさん(入職11年目)

患者様に安心して入院生活を送っていただくために頑張っていきたいと思います

実家では祖父母と一緒に暮らしていて、母親も助手の仕事をしていました。高校卒業後は介護の仕事がしたいと思っていて、学校で大久保病院の求人を見て、寮があったので「ここだ!」と思って就職しました。1人暮らしをして自立したかったんです。

私は人見知りなのですが、患者様は私に壁を作らず受け入れてくれるので、少しずつ自分から話せるようになりました。分からないことは先輩が教えてくれるし、悩んだ時は相談し合えて、職場の雰囲気は良いと思います。

介護の仕事は楽しいです。自分に向いていると思います。でも10年やってこられたのは、やっぱり家族と同僚と、それから患者様、周りに助けられたからだと思っています。

看護助手の仕事は生活の手助けをすることですが、ひとつひとつの業務が大切で、適当にはできません。でも、仕事を任せてもらえるようになって「Eさんに頼んで良かった」って言ってもらえることが、とっても嬉しいです。

これからも、患者様に安心して入院生活を送っていただくために頑張っていきたいと思います。大久保病院は、患者様第一で、第二も患者様のことを考えている病院です。とても働きやすいので、一緒に頑張りましょう。

准看学生 A・Hさん(入職1年目)

患者様の気持ちになって、関わることのできる看護師を目指したいです

高校に大久保病院の見学会の案内が掲示されていて、実際に見学会に参加しました。見学会の時はとても緊張していたのを覚えています。担当してくれた職員の方の説明や、パンフレットを見て、学校に行きながら働けるところに魅力を感じました。

奨学金制度が充実していて、学校の先生の勧めもあり、大久保病院への就職を決めました。実際に就職してみると、思っていた以上に覚えることが多くて大変でした。でも、分からないことは、先輩の准看学生や看護師さん、看護助手さんが声をかけてくれて、丁寧に教えてくれるのでとても働きやすいです。

学校へ行きながら仕事もするのはとても大変ですが、仕事をしていると直接患者様に関われるので、学校で学んだことを生かせて勉強になると思います。本当に一年があっと言う間です。

患者様に接していると、まだ学生で資格も経験もない私に「ありがとう」という言葉を頂けることがあります。「この仕事を選んでよかった!」と感じます。

将来の夢は看護師になること。患者様の気持ちになって、関わることのできる看護師を目指したいです。ぜひ一緒にがんばりましょう!

スマホ向け表示